Airly ハイウォール

IntroductionAdvanced Technology of Airly High Wall

Airly ハイウォールはブロック塀やコンクリート塀の重厚感をそのままに、より安全性を高めた先進の塀素材です。

中実部の超軽量押出発泡ポリスチレン(XPS)で必要な厚みを確保し、表層を無機質の炭酸カルシウム発泡材(RCB)で覆うことによりXPSを紫外線劣化から保護します。パネル全体の剛性は@250で配置された鉄骨支柱で確保します。Airlyハイウォールは異なる材料特性のいい所取りをした先進の複合パネルです。

仕上がり
地業
Airlyハイウォール建込
下地モルタル

Replace a dangerous CBwall Advanced Technology of Airly High Wall

普段気にも留めない都市の何気ない風景も、一度地震に見舞われると危険ゾーンに変貌します。中でも老朽化や施工不良が原因のコンクリートブロック塀の倒壊、それによる痛ましい事故報告は一向に止む気配がありません。
弊社が開発した超軽量ユニットパネル連続塀工法「Airlyハイウォール」なら、圧倒的な耐震性能により安心の街づくりに貢献できます。老朽化や施工不良が懸念されるコンクリートブロック塀をお持ちの方におかれましては、悲惨な事故が発生する前に、「Airlyハイウォール」への置き換えをご検討下さい。

Why is it Safe?Advanced Technology of Airly High Wall

地震に最も有効な対策は「軽くする」ことです。
Airlyハイウォールの自重はコンクリートブロック塀の僅か1/10!

地震時、塀に作用する水平力は、塀の自重と地震層せん断力係数(0.3~0.5が一般的)の積で得られます。したがって、軽いほどその構造物に作用する水平力は小さくなり、安全性は増します。和瓦葺き屋根の住宅が、軽量瓦葺き屋根など軽い住宅に比べて被害が大きいのは、これが原因です。
弊社が開発した超軽量ユニットパネル連続塀工法の「Airlyハイウォール」は、他に類を見ない軽量化と高剛性を実現しており、圧倒的な耐震性を確保しています。

DetailsAdvanced Technology of Airly High Wall

専門職いらずの簡単施工!
高さ2.0m、長さ10m程度の塀なら1日で建て込み完了です!!

Airlyハイウォールの断面詳細図

Airly ハイウォールの断面詳細図

Airly ハイウォールの構造計算書